薬物検査キット通販情報トップページ

今見ているページ > 薬物検査キット通販情報のトップページ

薬物検査キットとは

薬物検査キットとは、覚せい剤や麻薬などの違法薬物の成分を自宅で簡単に調べることができる簡易検査キットです。

検尿だけで薬物の検査ができますので、すごく便利です。

ドラッグテストキットA&B(Drug Test Kit A & B)

ドラッグテストキットA&B(Drug Test Kit A & B)は、尿検体のみで、20種類の薬物検査と、2種類の尿状態検査が可能な薬物検査キットです。

製造メーカーであるBoson Biotech Co.Ltd.は、HIVや梅毒などの性病や、禁止薬物の検査キットを長年研究および開発を行っている信頼できるメーカーです。

ドラッグテストキットA&Bは、試験管内法の方法の一つであるヴィトロ検査を基にした免疫クロマトグラフィーで、尿検体の中にある特定の薬物に反応するように設計された簡易な薬物検査キットになります。

覚せい剤に含まれるアンフェタミンや、麻薬に含まれるケタミン、コカイン、アヘン、MDMAなどの禁止薬物は当然検査することができますが、それだけでなく、キットAとキットBの両方でPHとクレアチンを検査することができるので、その両方によって検体が尿であるかの確認が行えます。

上記の写真を撮影したのが2013年11月16日ですが、砂時計マークのところが消費期限なので、開封しなければ2015年1月まで使えますね。

ドラッグテストキットA&Bの使い方

薬物検査キットである「ドラッグテストキットA&B」の使い方は、説明書が入っていますので、それを見てもらえば分かると思いますが、購入前で使用法に不安がある方のために説明しておきます。

使い方は別に難しくはありません。尿検査だけなので、とても簡単です。

まず、尿を清潔で乾燥したプラスチックか、紙コップ、またはガラスの容器に採取します。

そして、ドラッグテストキットA&Bの全ての道具と、採取した尿検体を室温にします。

それから、本体検査キット(DOA-12Panel Test)を開封して、プラスチックのサンプルパッドを取り出して、カバーを外します。

その後、サンプルパッドの先がプラスチック部分である赤い線より先にある本体に触れないように注意しながら、先端を尿検体に浸けて、約20秒待ちます。

あとは、サンプルパッドを容器から取り出して、カバーを元に戻し、結果を判断します。

陽性と陰性の検査結果の見方は、説明書に詳しく記載されています。

上記の画像はスマホで撮影しているので、文字までは読めないですね。

その他の検査キット

自宅で簡単にできるその他の検査キットには、エイズ検査キットなどがあります。